御祭神
少名毘古那神
(スクナヒコナノカミ)

 神産巣日神(カミムスビノカミ)の御子神であられます。大国主神(オオクニヌシノカミ)と兄弟神となり、相協力してこの国を作り堅められました。諸国を巡り、人々に多くの知恵や技術を授け、助け導かれて、経営の神、酒造の神、温泉の神、医薬の神として広く崇め祀られています。
 当社では古くより虫封じ、病気平癒、健康祈願、商売繁盛の神事が行われております。また、大国主神(大黒さま)とともに、恵比寿さまとして知られています。

菅原道真公
(スガワラノミチザネコウ)

 承和十二年(845年)6月25日、京都菅原院にてご生誕。幼き頃より秀で、33歳で文章博士になるほどの学者であられました。宇多天皇のご信任を受け右大臣にまで出世されましたが、藤原氏に怨まれ、太宰権師(だざいのごんのそつ)へ左遷となりました。大宰府では天を怨まず人を憤らず、誠の心をもって罪の晴れる日を待っておられましたが、延喜三年(903年)2月25日、配所で59歳の生涯を閉じられました。
 学問、特性ともに高かった菅公は、死後も人々に尊敬され、今もなお学問の神、書道の神、天神さまとして親しまれ、広く仰ぎ祀られています。

御由緒

 布多天神社の創建はあまりに古く定かではありませんが、延長五年(927年)に制定された「延喜式」という法典にその名を連ねる、多摩地方有数の古社で、社伝によれば第十一代垂仁天皇の御代、約1940年前の創建といわれております。
 文明九年(1477年)に多摩川の洪水をさけ、古天神というところより現在地へ遷座され、その時に、御祭神、少彦名命(すくなひこなのみこと)に菅原道真公を配祀されました。
 江戸時代に甲州街道が作られ、上石原、下石原、上布田、下布田、国領の五宿ができ、布田五宿と呼ばれました。 当時、布多天神社は布田五宿の総鎮守であり、五宿天神と崇め祀られておりました。
 そして布田五宿は、明治二十二年に飛田給、上ヶ給と合併して調布町となり、当社は調布町総鎮守となりました。

四季点描

境内末社について
金刀比羅神社
【御祭神】大物主神(オオモノヌシノカミ、大黒様)
海上交通、船、交通安全の守護神
大鳥神社
【御祭神】日本武尊(ヤマトタケルノミコト)
開運、商売繁盛の守護神
稲荷神社
【御祭神】宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)
五穀豊穣、商売繁盛の守護神
※境内に二社あり
御嶽神社
【御祭神】櫛真知命(クシマチノミコト)
火災、盗難除けの守護神
祓戸神社
【御祭神】祓戸神(ハラエドノカミ)
罪けがれ、災厄を除き清めてくださる神